FC2ブログ
Trattoria Salute
熊本大学の裏にあるイタリア食堂のTRATTORIA Salute シェフによるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディル
ディルというハーブがあります。ボクは個人的には
「デイル」と発音するのですが。マクドナルドの
ハンバーガーのピクルスに入っているハーブです。
結構強い香りがするので苦手な方が多いかもしれません。
ディルはサーモンと相性がいいと言われます。サーモンのマリネに
大きいまま漬けこんだり、タルタルなどに刻んで混ぜたりします。
サーモン独特の臭みが消え、爽やかな芳香が残ります。

スポンサーサイト
フェラーリ
2日ほど前、ちょっと街で買い物があったので、バイクで出掛け
水道町の交差点で信号待ちしていた時です。ボクは
1番左の車線(バスと2輪の専用右折レーン)に、いたのですが
ふと横を見ると同じように右折待ちしているセンターラインよりの車線の
1番前に、真っ赤なフェラーリが2台続けて止まっていました。1台は
テスタロッサでもう1台はもっと新しい型だと思います。2台とも
ピカピカで、運転しているのはお金持ちそうなおじさまでした。
その周辺にいるほとんどの人の視線が2台のフェラーリに集中していました。
右折の信号が青に変わった途端、2台は12気筒の甲高い音と共に
一瞬のうちに鶴屋方面に走り去っていきました。もし自分にも
有り余るほどのお金があったらフェラーリに乗ってみたいな。

パソコン不調
近頃パソコンが不調で、電器店に持ち込んで見てもらったのですが
やはり修理するにはかなり金額的にかかるみたいで、新しくパソコンを
買い換えた方がいいみたいです。

武蔵
K-1GP、武蔵負けちゃいましたね。
いつもと違って、中に飛び込んで
打ち合う積極性を見せたのですが。
引退ということで、残念です。

赤嵐
オーストラリア東海岸の砂嵐はすごいですね。
視界が10メートルくらいらしいです。
赤く見えるのは砂の色と光の加減だそうですが
ちょっと異様な感じがしました。
オーストラリアはアメリカと並んで
今まであまり地球温暖化対策に積極的では
なかったわけですが、その警鐘かな、という、気もします。

独眼竜ひかりちゃん
ウチで飼っている猫で今年17歳になる“ひかり”の
話です。数ヶ月前に耳に炎症を起こして病院に行ったのですが
この前の連休が始まる土曜日に再び耳の具合が悪くなりました。
病院がずっと休みなので、困ったなと思っていたのですが
おそらく耳の影響からか、悪い方の耳側の目が半分くらいしか
開かなくなり、隻眼のような状態になってしまいました。猫には
瞼の下に薄い膜のようなものがあり、瞼は半分くらい開くのに
その膜は4分の3くらいしか開かず、ほとんど片眼しか見えない
感じでした。ただ、痛いとか苦しいような仕草は見せないので
少し様子を見、連休が明けた今日、病院に連れて行きました。
やはり数ヶ月前の耳の炎症が悪化しており、そのせいで、
顔の片側の神経がおかしくなっていて、目がうまく開かない
のだそうです。抗生物質など薬で耳を完治させれば
目も治ると思うが、それでもよくならない時は精密検査しなければ
ならないという先生の話でした。あまり苦しそうではないけれど
高齢のひかりちゃん、片眼の表情はかわいそうで、はやくよくなって
ほしいです。

マグロのコンフィ
先日帰省した際、以前働いていた大阪のお店に
寄りました。軽く食事をいただいたのですが
前菜の盛り合わせのひとつに、白くてとても柔らかい
お魚にヴェルデソース(パセリなどの緑色のソース)が
かかったものが出てきました。白いので鱈か何かかな?と
思ってシェフに尋ねると「カジキマグロのコンフィ」という
答えが返ってきました。コンフィにしてあるのでとろけるように
柔らかく、鮮やかな白さも気に入りました。それでこちらに帰ってきて
同じものを作ってみようと思ったのですが、カジキマグロが無く、
普通のメバチマグロで試しに作ってみました。塩をして一晩おき、
オリーブオイルにローズマリーやにんにくなどを入れ、70度に
温め、マグロを入れそのままの温度で20分くらい火を入れて
出来上がりです。しかしやはりカジキマグロと普通のマグロは
全然別物ですから、色や食感もかなり違う仕上がりでした。
でもそれなりに美味しく、見た目はツナに近いですが、あっさりして
クセが無くハーブが効いていてとてもいい味でした。白ワインに
とても合いそうでした。コンフィの途中で中がまだレアーの状態で
取り出し、表面をカリッと焼いたりしてもとても美味しいでしょうね。
とってもおしゃれなフレンチのお魚料理になると思います。
今度またカジキマグロが手に入ったら、コンフィに挑戦して
大阪で食べたものと同じものを作ってみたいです。

通い猫現る
ちょうど3年前の夏まで、タント君というシャム猫雑種の
人なつっこい通い猫がいて、店舗前でお客さんに愛想を
振りまいていましたが、最近また白地に黒のちょっといかつい顔を
した通い猫が現れています。タント君と違い、完全に野良猫で
近くに寄るとうなり声をだして威嚇するような猫ですが、
悦子さんが時々エサをあげるので、近頃はずっと店の周辺を
ウロウロしています。エサが欲しい時は店舗裏に廻り、勝手口の
隙間から、ボクが仕込みをしているのをじっとのぞき込み、
ちょっと甘えたような声をを出します。もうちょっと人に慣れて
愛想よくしてくれればいいのですが。

シルバーウィーク
秋の大型連休をシルバーウィークと言うんですか?
知らなかったです。今日知りました。敬老の日という
ことと、ゴールデンウィークに対してということで
シルバーなんですかね。高速道路はどこも渋滞だった
みたいですね。

シャトー・オーゾンヌ90年
今日は仕事が終わってから、熊大の先生のご夫婦と
飲み会でした。ご夫婦はワインがお好きで、中でも
ボルドーの赤ワインが好みだと知っていたので、
ボクがもう10年以上前に購入し寝かしておいた、
シャトー・オーゾンヌ90年を一緒に飲みました。
シャトー・オーゾンヌは有名なメドック地区の対岸にある
ボルドー右岸サンテミリオン地区の2つあるトップシャトーの
ひとつで、しかも90年はボルドーの赤ワインの最良といわれる
年のひとつです。全くカドが無く、とろけるような口当たりで、
スーと喉に入っていく優雅な味わいでした。

ガルガネッリ
最近、コース料理の予約が入った時に、ガルガネッリという
手打ちパスタをよく作ります。ガルガネッリというのは、
ペンネパスタのような形をした手打ちパスタです。
パスタの生地を伸ばし、幅2センチくらいの正方形にカットします。
筋がついたガルガネッリ専用の台の上で、対角線に生地を
菜箸に巻き付け、くるくると動かしてマカロニのような
空洞のある形に成形します。表面を少し乾燥させてから使います。
食感がとてもよく、今1番気に入っています。

中学生
近頃、スーパーマーケットや商店街などで
体操着を着た中学生が働いているのをよく
見掛けます。学校の教育の一環で職場体験という形で
色んな職場で実際に仕事をしてみるそうです。
そしてそこで社会人としての責任などを
学ぶのでしょう。いいことだなと思います。

厚生労働相
鳩山新内閣の面々が決まりましたが、さっそくそれぞれ
精力的に動き出されてるようですね。外務相の岡田さん、
総務相の原口さん、国土交通相の前原さん、そして何と言っても
厚生労働相の長妻さん。年金問題や後期高齢者医療制度や
新型インフルエンザなど問題山積みの厚生労働省ですからね。
冒頭から訓示で職員に釘を刺していましたが、今後どのようになるのか
楽しみです。

阪神3位固め
伝統の巨人ー阪神戦、いい試合でしたねー。
阪神3位固めですね。なんとか死守してクライマックスSへ。

大阪・梅田
京都へ帰ったついでに、以前働いていた大阪・梅田に
あるお店に寄ってきました。行くたびに梅田の風景も
変わっていくなあと感じます。そしてやっぱり人が多いです。
特に今は阪急百貨店の改装が半分終わっての新装オープンで
ものすごい人でごった返していました。

碁盤の目
京都から帰ってきました。法要はお寺である予定だったので、
飛行機を降りてお寺に直行する予定でしたが、お寺の場所を
はっきり覚えてなかったので、帰る前に、兄貴にメールで
場所を尋ねました。すると帰ってきた返事は「松原通り〇〇通り下る」、
でした。皆さんご存知だと思いますが、京都の街中は碁盤の目のように
南北の通りと東西の通りがきれいに並んでいて、場所を伝える際は
南北と東西の通りの名前とその角から北へ上がる又は南へ下がる、
もしくは東入る又は西入るなどと伝えます。京都ではそれでだいたい
通じます。おそらく正式な町名や番地もあるのでしょうが、
そういう言い方の方がしっくりくるんですね。
子供の頃よく、京都の東西の通りの名前を覚えるために
「丸、竹、えびす、二、押、御池、姉、三、六角、蛸、錦…」などと
通りの頭文字をとった唄を唄ったものです。

久々に雨
今日は久しぶりにまとまった雨が降りました。
それに伴って気温もかなり下がって秋らしくなりました。
この夏は最初長雨で気温が上がらず、その後ずっと雨が降らないという
不順な天候だったため、作物の生育にかなり影響があったそうで
農家の方にとっては深刻なようですね。

話題が貧弱
ボクより少し年上で、最近パソコンを購入し、
インターネットを始められた方がおられます。
その方がウチのホームページをご覧になり、
ブログやエッセイを読まれたらしく、「マスターって
話題が豊富ですねー。」と、言われました。
ボクは慌てて、「いえいえ、話題が貧弱なんですよ。
どういう話題がいいのか、わからなくて毎日四苦八苦
してるんですよ。」と答えました。これは本音です。
もともと若いうちから働き始めたので、本格的に
趣味というものに取り組んだことが無いような気がします。
仕事が趣味という感じもしますし、数少ない趣味といえば
オートバイと競馬と映画鑑賞くらいです。ブログなどで
書いている内容も、料理やワインのこと(これは仕事)、
野球やサッカーのこと(これは好きなので)後は、先ほど書いた
趣味のことくらいです。これら3種類くらいの話題を順番に
書いているようなもで、ホントに話題に乏しいなと思います。
話題の豊富な人が羨ましいですね。

ゴミ減量
熊本市では10月から、燃えるゴミと埋め立てゴミが
有料となります。ウチはお店をやっているので、
民間のゴミ収集会社と契約しているのですが、その会社からも
10月からゴミ処理場の料金が値上げになるため、毎月の
ゴミ収集費用も値上げさせてもらうという通知を受けています。
でもかなりの値上げ幅なので、先日その会社の担当者と話をしたのですが
処理場の価格のアップなので、値上げは避けられません。ただ、
収集費用はゴミの量によって変わるので、量が少なくなると
値段は検討の余地があるという、説明でした。ですので、最近は
ゴミ減量ということに真剣に取り組んでいます。そしてゴミ収集会社には
ゴミを減らすということを条件に、もう1度見積もりを出させようと
考えています。

ガーナ戦
日本も格上にこういう勝ち方が出来るんだなあと
思いました。ガーナは本調子ではなかったそうですが、
日本はリードされていても、あきらめず攻め続けたのは
明るい材料ではないでしょうか。やはり稲本のフィジカルの
強さと、冷静な判断は武器になりますね。

国家戦略局
鳩山民主党、新内閣発足に向けて、着々と進めているようですね。
菅さんが担当相として内定している国家戦略局とは
どういった働きをするのか楽しみですね。脱官僚を掲げ
政策を立案したり、予算編成をここに一本化したりするそうですが
民主党のお手並み拝見というところですか。

岬めぐり
今日、床屋で髪を切ってもらっている時、ラジオから
懐かしい曲が流れてきました。山本コータローさんの
「岬めぐり」というフォークソングです。そして夜、
Hey!Hey!Hey!を見ていたら、その山本コータローさんが
出演していて、岬めぐりを歌っていました。フォークソングというと
ボクの世代より、ちょっと上の世代ですが、昔、家にたくさん
レコードがあったので、今聴くととても懐かしいのです。
よく深夜のテレビショッピングで、懐メロCD全集とか
やってるじゃないですか。昔のフォークとか、ニューミュージック
とか歌謡曲を集めたやつ。あれ思わず買ってしまいそうになります。

オランダ戦
昨日のオランダ戦、きびしい試合だったですね。
W杯4強が目標ということですが、難しいなと。
やはり世界トップレベルのチームとはまだまだ差があるなと。
本田がイマイチ、チームに溶け込んでいなかったなと。

野菜スイーツ
パティシエの柿沢安耶さんという方をご存知でしょうか。
東京・中目黒のオーガニック野菜スイーツ専門店「ポタジェ」の
オーナーパティシエの女性です。2年くらい前から、よく名前を
聞くようになったのですが、ここ1年くらいはテレビなどでも
よく見かけます。自然体の人柄がよく表れ、スイーツ自体も
アイデア満載で絶対体に良いだろうなと思うものばかりです。
今の時代は、料理もスイーツも野菜というものを前面にだして
創るという流れなのです。もちろんオーガニックで安全・安心で体に
良いものを使ってです。ウチの店の今年のクリスマスコース、
昨年に続いて、野菜をタップリ使ったものにしたいと思っていますが
野菜スイーツの何か良いアイデアがないか、只今考え中です。

ガソリンスタンド
お店の仕入れなどで、晴れの日はスクーター、雨の日は
車を使いますが、近頃、ガソリンスタンドが減ったなあと感じます。
ウチの店の周辺でも5,6件は閉店しています。やはり採算をとるのが
難しいのでしょうか。10年前の3分の1くらいになっているのでは
ないでしょうか。仕入れの途中などで急に給油したいなあ、と
思っても、スタンドがなかったりして、すごく不便に思います。

プロレスオールスター戦
アメトーークであった、プロレスオールスター戦。
プロレスは面白いですね。特に一昔前くらいの試合。
なぜか昔からプロレスを見ると、体が熱くなります。

ミシュラン・ガイド 京都・大阪版
今秋、ミシュラン・ガイド京都・大阪版が出ると
聞いていましたが、正式に10月16日に発売されると
発表されたそうですね。同時にレストランだけでなく
日本旅館も評価格付けされるそうです。以前も書きましたが
評価される飲食店側の人たちにとっては、悲喜こもごもで
複雑な感じでもあるしょうが、自分的には一読者として
楽しみにしています。

女王と王様
昨日の飲み会では、シャンパーニュをハーフサイズ、
ブルゴーニュの白ワインと赤ワインをそれぞれ1本ずつ、
ボルドーの赤ワインを1本飲みました。
一般的にボルドーのワインを女王、ブルゴーニュの
ワインを王様と表現します。でもワインを始めた頃、
色が濃く、タンニンが多く、渋みが強く、瓶の形も
いかり肩のボルドーワインをどうして女王と表現するんだろう?
色も淡い鮮紅色で、タンニンも少なく、渋みも控えめで
瓶の形もなで肩のブルゴーニュワインをどうして王様と
表現するんだろう?と思ってました。でもワインを飲み続けていく
うちにだんだん理解出来るようになりました。ボルドーワインというのは
基本的に数種類のブドウを混醸して作ります。使うブドウ、または
そのブレンドの比率によって出来上がりが違ってくるわけですから
非常にデリケートで繊細、まさに女性的なのです。たいして
ブルゴーニュワインはブドウは混合せず、1種類のブドウで
ワインを作ります。赤ワインならピノ・ノワール、ガメイ。
白ワインならシャルドネかアリゴテ。1種類のブドウで
ドーンと潔くワインを作ります。まさに男性的です。
ワインを飲み続けていると、だんだんこういう事が
何となくわかってくるのです。

飲み会のスタイル
今日は以前から知り合いの、熊本市内のレストランで
働いているコックさんのご家族と飲み会でした。
前にも書きましたが、昔は飲み会というと
バイト生や常連さんなどを集めて十数人でやることが
多かったのですが、近頃は一組の常連さんと
ボクたち二人という少人数でやることが多いです。
飲み会というより、食事会かもしれません。
一組の方たちとというのは、例えばご近所の
常連さんのご家族であったり、熊大の先生の
ご夫婦であったり、昔からの常連さんの家族であったり、
以前住んでたマンションのお隣さんであったり、同業の方の
ご家族であったりします。わりと1,2ヶ月に1回くらい行う
こういう飲み会を楽しみにしています。



プロフィール

salute

Author:salute
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。