FC2ブログ
Trattoria Salute
熊本大学の裏にあるイタリア食堂のTRATTORIA Salute シェフによるブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身
東野圭吾の「容疑者Xの献身」を読みました。
直木賞をとっていますし、その他にも様々な
ミステリーの賞を受賞しています。探偵ガリレオシリーズの
はじめての長編です。最後に驚くべきトリックが隠されていて
確かに面白かったのですが、どうもボクには少し違和感がありました。
前作までのような、不可思議な事件を科学的証明で解き明かすと
いうスタイルではなく人間ドラマに重きを置いている感じです。
個人的には通常のような中編で科学的にトリックに解明する
ことを重視するシンプルな作りの方が好きです。

スポンサーサイト
唐辛子
唐辛子といっても、料理の話ではありません。
下ネタです。現在使っている唐辛子は、わりと辛みが強いのですが
今朝、仕込み中に唐辛子を触った後、よく手は洗ったのですが
その後トイレに行って用を足すとき、すこし局部に手が触れると
急に局部がヒリヒリと猛烈に痛くなりました。唐辛子成分です。
その後しばらくジンジンしていました。

花ズッキーニ
寒さが和らいで、だんだん暖かくなってくるこの時期に
なると、毎年思い出すのが、イタリアで食べた
花ズッキーニのフリットです。以前は春にイタリアに行くことが
多かったのですが、よくトラットリアの野菜料理のメニューで
見かけました。大きくなる前の、小ぶりでまだ花がついている
状態のズッキーニをかるく洗い、花の部分を開きチーズと
アンチョビを詰め、フリットの生地をつけて揚げます。
なんとも香ばしく、おしゃれでイタリア的な前菜です。

ダイヤモンドガール
ロンハーのダイヤモンドガールの企画が面白いです。
っていうか、たいていの男の人は好きでしょう。
自分の色に染めてやる、みたいな。
陣内さん、さすがですね。だてに嫁が紀香さんじゃないですね。

「おくりびと」
今日、映画「おくりびと」を観に行きました。
一昨日、日本アカデミー賞の作品賞を受賞したからです。
そして夕方帰ってきてニュースを見たら、
アメリカのアカデミー賞の外国映画賞も、とったと聞いて
驚きました。映画はほんとに素晴らしかったです。
昨秋、京都の親父が亡くなったとき、生まれてはじめて
湯棺という納棺の儀式を間近に見て、すごく感動し
今、納棺師をテーマにした「おくりびと」という作品が
公開されていると、このブログで書きました。その時は
見れなかったのですが、再上映されていると聞き今日行ったのです。
納棺師という仕事は、誰もあまりやりたがらない仕事です。
でも誰かがやらなければならない仕事です。最初は
戸惑っていた主人公が、だんだんその仕事に誇りを持つようになり
真摯に、亡くなった方の旅立ちを手伝う仕事を見せ、まわりの
人々の理解を得ていく過程と、最後に行方知れずだった父親を
自分の手で送ってあげる姿が感動でした。

2.22
もう23日になってしまいましたが、
今日2月22日で現店舗に移転して
丸7年を迎えました。2002年2月22日に
移転オープンしたのでした。旧店舗では13年半ほど
営業していましたから、もうその半分に達したのですね。

乱気流
ノースウエスト機が千葉県銚子沖で乱気流に遭遇し
多数のケガ人がでたと報道されていますが、
ボクも以前、乱気流ではないですが熊本発伊丹行きで
気流の悪い場所を通過する際、かなり激しい揺れに遭い、
ほんとに怖かったです。遊園地にある落下するアトラクションの
ような感覚で、事前にシートベルト着用サインが出ていましたが
もしベルトをしていなかったら、と思うとゾッとしました。

パスタ2種
高額なフルコースの場合、パスタを2皿(2種)
いくことがありますが、たいていは1皿(1種)です。
一昨日予約のあったコース料理では、2皿いくほどの
ご予算ではなかったのですが、複数のパスタが食べたいという
ご希望だったので、1皿で2種類のパスタを盛りつけて
お出ししました。ここで難しいのが、2種類の異なるパスタを
同時に茹で上げなければならないことです。ロングパスタと
ショートパスタ、ロングパスタを生パスタ、生パスタと
ニョッキなど、茹で時間の長いものから茹ではじめ、
最終的に同時に仕上げる、プロとしての腕の見せ所ですね。
以前、わりと高級なリストランテで食事したとき、コース料理で
ボクと悦子さんが別のパスタを注文したとき、何も言ってないのに
2つのパスタをそれぞれ半分ずつに分けて、2皿に盛りつけて
出てきました。カップルや女性同士の場合、複数のパスタを
食べたいだろうと見越した、とても気の利いたおしゃれな
サービスだと思いました。
しかも、乾麺と生パスタでしたが、両方とも完璧な茹で加減でした。

デリすぱ
今日の熊日新聞(2月19日付)の「デリすぱ」にウチの店が
紹介されています。2,3週間前に取材があったのです。
熊本大学裏あたり、というお題でした。ウチを含めて飲食店
3軒が掲載されています。興味ののある方はぜひご覧下さい。

先週あったコース料理の予約で鮑を使いました。
鮑って旬は夏と思っていましたが、天草はこの時期も
獲れるんですね。それほど大ぶりではなかったので
1時間半ほど蒸して、さらにコンソメで含め煮に
しました。同じように含め煮にした大根と一緒に
パセリのソースをかけて供しました。
実は数年前、知り合いが働いていた鉄板焼きの店で
鮑のステーキを食べたのですが、あたってしまいました。
上からも下からも、それはそれはひどい状態でした。

村上春樹さん
イスラエルの文学賞を受賞した村上春樹さんが
現地でのスピーチで、“壁”と“卵”に例えて
ガザ地区攻撃を批判。受賞が決まったとき複数の団体から
辞退を求める声があったけれど、欠席して何も言わないより
ここへ来て話すことを選んだ、と語りました。
日本人として、かっこいいなあ、と思いました。
同じ時期に世界中に発信された、中川財務相の
会見とは対照的でした。

中川財務相
中川財務相、かなり騒動になってますね。
最初に会見を見たとき、体調が悪いのかな?と
思ったのです。でも少しして、え?酔っぱらってる?…
今日、風邪薬が原因だったと釈明していましたが、
ワインに口をつけたのは認めてるわけで…。
中川さんは、麻生さんにかなり近い立場な人のわけで、
任命責任もあります、先日の小泉さんの発言に続いて、
麻生さん、ますます追い込まれましたね。
“飲んだら乗るな、会見するなら飲むな”ですね。

オーストラリア森林火災
オーストラリアの森林火災、ほんとにすごい状態ですね。
まるで戦争で爆撃を受けたみたいです。スポットファイヤー
という火の玉が落ちてくるのも恐ろしいです。
ここ数年、大干ばつの影響でオーストラリアのラム肉などが
高騰していましたが、日本にもまた何らかの影響が出るのでしょうか。
火災が起きているビクトリア州はワインの大生産地でもあります。

ロマネスコカリフラワー
以前も書きましたが、サンゴ礁のような形をした
カリフラワーとブロッコリーのあいのこのような
ロマネスコカリフラワー。近頃熊本でも作ってるそうで
デパートはもちろん、スーパーや商店街の八百屋など
最近どこでも見かけます。お値段も手頃です。
栄養価も高いそうで、おすすめ野菜です。
それにしても、見た目がほんとにアートです。

野菜が安い
毎年正月明けの一時期、野菜が高騰しランチの
野菜サラダなどをポテトサラダで代用したりする
時があるのですが、今年はそういう時期がなく
わりとずっと野菜が安いです。最近も特にレタスや水菜
などの葉物野菜が安く、とてもやりやすいです。

垂直テイスティング
一昨日の“神の雫”でシャトー・パルメのいろんなヴィンテージを
試飲するシーンがありましたが、こういう風に同じ銘柄のワインを
違うヴィンテージで同時にテイスティングするやり方を
「垂直テイスティング」といいます。また、同じヴィンテージで
違う銘柄のワインを同時にテイスティングするやり方を
「水平テイスティング」といいます。たとえば、同じヴィンテージの
ボルドーのメドック、AOCポイヤックを名乗る1級から5級までの
ワインを1種類ずつチョイスし、同時に試飲したりすることです。
これは味の違いが分かりやすくていいと思います。
ただ、垂直テイスティングに関しては、あまり意味がないようにも思います。
たとえば、95年のワイン、99年のワイン、03年のワインを
09年に同時に試飲したとします。でもそれぞれのワインの真価を発揮する
熟成期間が違いますし、ワインというのは飲む時期によって
味が違ってくるわけですから公平ではないように思います。
また、熟成期間をすべて10年と仮定して、95年なら05年に
99年なら09年に03年なら13年にとしてもいいのですが、
同時には試飲出来ないのですから、やはりあまり意味がないですよね。
こういう観点から垂直テイスティングを疑問視する意見もあったりします。

パラッツィ
昨日の“神の雫”で登場したイタリアワイン、
「パラッツィ」。トスカーナのテヌータ・ディ・トリノーロが
造っていたワインです。造っていた、というのは
97年から99年まで3年間しか造られなかったので
幻のワインと呼ばれています。ネット上でも在庫はかなり少なく
なっているようで、あってもかなり高価になっています。
実はこのパラッツィ、サルーテには1本だけ在庫があるのです。
しかもラストヴィンテージ99年です。数年前このワインが発売された
直後、自分用に1本だけ買っておいたのです。
そろそろ飲み頃になっていると思います。ウフ。

世界料理サミット2009
世界料理サミット2009が開催されてますね。
ジョエル・ロブションやピエール・ガニエール、
フェラン・アドリアなど、そうそうたるシェフが
集結しています。中でも注目はイタリアの
マッシミリアーノ・アライモとスペインの
アンドーニ・ルイス・アドゥリスです。
3日間のフリーパスが6万円とちょっと高め(すでに完売)ですが
出来れば行ってみたかったです。

バイク用のエアバッグ
日本の小さな会社が開発したオートバイ用の
エアバッグが、欧米の公共機関や商社から
問い合わせがいっぱいあるみたいですね。
いままであるようでなかったですよね、バイク用の
エアバッグ。ベスト型なのですが、紐でつながっていて
転倒の瞬間紐が切れ、首や腰などのエアが膨らみ
衝撃を和らげるそうです。バイク乗りには朗報です。

魚介類のリゾット
本日の夜の営業中、ソラ豆とベーコンのリゾットと
きのこのリゾット、牡蠣のリゾットが同時にとおりました。
ソラ豆ときのこには、仕上げにバターとパルミジャーノ(
グラーナ・パダーノ)を使います。牡蠣にはバージンオイルと
パルミジャーノを使います。3つを続けて味見すると
バターやパルミジャーノの重さで結構おなかにどっかりきます。
そのあとすぐ別テーブルで魚介類のリゾットがとおりました。
魚介類にはパルミジャーノは使わず、バージンオイルだけです。
ですので、とても軽くあっさりしています。個人的には
こういうあっさりした魚介類のリゾットが好きです。
ウチの店では原価的に、あさりと海老とイカだけですが
ホタテとか白身魚(鯛など)、ムール貝などを入れると
もっと美味しくなると思います。

2月なのに
2月なのに近頃あったかいですね。普通1,2月は
ワインセラーの電源を入れなくてもいいくらいの気温なのですが
今年はもう入れています。

しょうが漬け
昨日の続きです。最近、これがあれば御飯がいくらでも
食べられるというものは、しょうがのみそ漬けです。
悦子さんの実家で作っているのをもらってくるのですが
これがホントに美味しいんです。胃がカッと熱くなって
食欲がモリモリわくのです。風邪にも効きそうです。

御飯の友
今日の“ヒミツのケンミンショー”、
各県の‘ごはんのお供’というコーナーで
スザンヌが熊本は‘御飯の友’ですと紹介。そのとき
まさに御飯の友を食べていたボクはびっくりしました。
でもどの県に行っても、これがあれば御飯がどれだけでも
食べられるっていうものがありますよね。
函館のイカ刺しも、美味しそうだったなあ。

昨日の神の雫
昨日の神の雫、イタリアワインの“イル・バッチャーレ”が
出ていました。ピエモンテのブライダという造り手ですが
バルベーラという地元のブドウ品種をうまく使うワイナリーです。
もともとバルベーラという品種は酸味やクセが強く、
あまり名前は知られていませんでしたが、このブライダが
バルベーラを使った素晴らしいワインを次々と造りだしたため
注目されるようになったのです。もちろんイル・バッチャーレも
バルベーラ種を使っています。サルーテにも置いていますので、
ぜひ飲みに来て下さい。

今日は1日雨でした。かなりまとまった雨が降りました。
近頃県内でも、インフルエンザが猛威をふるっています。
雨で湿度が上がり、少しでも感染力が弱まるといいですね。

不況です2
このまえ、ボクよりも一回り以上年上で、以前飲食店を
経営されていた常連さんと少し話す機会がありました。
ボクが「景気悪いです。」というと、あんまりマスコミが
不況、不況と騒ぎすぎだよね。それで一般の人も
暗示にかけられたように財布のの紐をしめて、貯金とかに
まわしてお金を使わなくなるからいけないんだよ。
お金は使わないと世の中まわらないから、使わないとね。
そうするといろんな業種で仕事が増えて、失業してる人への
雇用も増えるんだよ。政府も定額給付金どうせするなら
もっと高額にすればいいのにね。たった12000円じゃ
どうせなにかの支払いにまわすか、貯金するんじゃない?
と、おっしゃっていました。ボクは難しいことは分かりませんが
“金は天下の回りもの”ってことですよね。(違う?)

血糖値が高いけど
先日受けた特定健康診査の結果が出ました。
血液検査も心電図も尿検査もすべて異常なしでした。
ただ、実は昨年度の基本検診で血糖値がわずかですが
標準より高く、お医者さんより「心配するレベルではありませんが
甘いものやお酒は控えるように心掛けて下さい。」と
言われていました。そして今年は血糖値も問題なかったわけですが
先生から「異常はありませんが、油断しないようあまり度を超した
飲酒は控えて下さい。」と言われました。その言葉を聞きながら
頭の中では「血糖値が高いけど、好きなお酒はやめられぬー。」と
聞こえてきました。

グルタミン酸
先日、このブログでトマトビネガーのことを
ちょっと書きましたが、トマトビネガーを煮詰めたり
トマトフォンデュを煮込んだり、ドライトマトを作るために
低温オーブンで焼いているときなど、店中になんとも
かぐわしい香りが漂います。なぜか洋風ではなく
和風的な香りです。トマトの旨味成分というのは
グルタミン酸です。煮詰めたり焼いたりすると
その旨味もより際だちます。そういえば昆布の
旨味成分もグルタミン酸です。つまり、
日本人がトマトを美味しくないと感じるはずがないのです。



プロフィール

salute

Author:salute
FC2ブログへようこそ!



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。